防犯に利用できる監視カメラには沢山の種類がありますが、その種類によって設置する場所を考える必要があります。種類と特徴を理解しておくと、どこに設置することが有効なのか理解できるようになります。

一般的な防犯の監視カメラには固定式で1カ所を撮影し続けるというタイプがあります。センサーがついている物や動きに反応しライトが付くなどのタイプがあり、最近は夜間撮影も映像をはっきりさせるために赤外LEDを内臓しているタイプも登場しています。この場合、定点となるので玄関などに設置すると有効でしょう。

より高性能なカメラになると撮影距離が長く、映像も鮮明になります。また広い範囲を撮影できるタイプ、カメラが首を振ったり自動的にズームしてくれるタイプ、さらにネット経由でカメラの遠隔操作が可能となっているタイプもあります。こうした高性能な監視カメラは定点を撮影する比較的安いタイプの監視カメラでは、防犯という意味をなさないと考えられる場所で利用すると効力を発揮します。

防犯的な事に利用するのではなく、野生動物の行動研究などに用いられているトレイルカメラというカメラがありますが、これも夜間対応となるので監視カメラとして利用できます。センサーが反応した時だけ撮影するもので、撮影時間も1分程度というものが多いので、どこに設置するかということが大きなポイントになります。電池式で録画装置が必要ないということで、賃貸にお住まいの方などにも手軽に利用できるという利点がありますが、通常の防犯目的に作られたカメラと比較すると撮影性能は落ちます。