監視カメラを設置する場所、これは非常に重要な事です。死角となる部分が多い場所に設置しても意味がありません。そのため、カメラをどこに設置すればもっとも防犯的に意味を成すのか?ということを考えて設置しなければなりません。カメラ設置の基礎として、侵入してくることが予想される位置、また侵入してきた人がなる幕長い時間カメラに収まるような位置を選びます。できれば、正面、若しくは斜めから撮影できるように設置できるとベストです。

監視カメラの位置を侵入者が横切るような位置に関しカメラを設置すると撮影時間が基本的に短くなるので、正面から撮影できる位置と比較すると得られる情報が格段に少なくなります。この位置にしか設置できないという場合、走って横切った時はトレイルカメラなど撮影出来ないこともあるので、できれば高性能タイプの監視カメラがのぞまれます。

侵入者が横切る場所にしか設置出来ない場合でも、カメラと共に警告音を出す機器を取り付けることで、動体を検知しセンサーがなるので侵入者は自分の存在が相手に知られていると考えるため危険が少なくなるといわれています。警告音を出す機器とカメラを両方設置するとより強固な防犯対策となるでしょう。

出入口が1か所という場合は、侵入経路が1カ所に絞られるので出入り口付近を中心に設置を考えます。侵入経路が広い場合でも2面壁がある状態ならその壁の角に固定することで広く撮影できます。1面しか壁がないという場合は、壁と入口に向けて撮影できるように設置するとより広く撮影できるようになります。

監視カメラは設置する場所によって高い防犯となるかどうかかなり違ってきます。あまりうまく撮影出来ない位置に設置しても意味がなくなってしまうので、出来れば、設置されるときに防犯に詳しい方の意見、例えば監視カメラを販売しているお店のスタッフさんなどに話を聞いて設置される方が安心です