設置する位置を考えないと防犯効果が下がる


監視カメラを設置する場所、これは非常に重要な事です。死角となる部分が多い場所に設置しても意味がありません。そのため、カメラをどこに設置すればもっとも防犯的に意味を成すのか?ということを考えて設置しなければなりません。カメラ設置の基礎として、侵入してくることが予想される位置、また侵入してきた人がなる幕長い時間カメラに収まるような位置を選びます。できれば、正面、若しくは斜めから撮影できるように設置できるとベストです。

監視カメラの位置を侵入者が横切るような位置に関しカメラを設置すると撮影時間が基本的に短くなるので、正面から撮影できる位置と比較すると得られる情報が格段に少なくなります。この位置にしか設置できないという場合、走って横切った時はトレイルカメラなど撮影出来ないこともあるので、できれば高性能タイプの監視カメラがのぞまれます。

侵入者が横切る場所にしか設置出来ない場合でも、カメラと共に警告音を出す機器を取り付けることで、動体を検知しセンサーがなるので侵入者は自分の存在が相手に知られていると考えるため危険が少なくなるといわれています。警告音を出す機器とカメラを両方設置するとより強固な防犯対策となるでしょう。

出入口が1か所という場合は、侵入経路が1カ所に絞られるので出入り口付近を中心に設置を考えます。侵入経路が広い場合でも2面壁がある状態ならその壁の角に固定することで広く撮影できます。1面しか壁がないという場合は、壁と入口に向けて撮影できるように設置するとより広く撮影できるようになります。

監視カメラは設置する場所によって高い防犯となるかどうかかなり違ってきます。あまりうまく撮影出来ない位置に設置しても意味がなくなってしまうので、出来れば、設置されるときに防犯に詳しい方の意見、例えば監視カメラを販売しているお店のスタッフさんなどに話を聞いて設置される方が安心です

監視カメラの種類を理解しておくことも重要


防犯に利用できる監視カメラには沢山の種類がありますが、その種類によって設置する場所を考える必要があります。種類と特徴を理解しておくと、どこに設置することが有効なのか理解できるようになります。

一般的な防犯の監視カメラには固定式で1カ所を撮影し続けるというタイプがあります。センサーがついている物や動きに反応しライトが付くなどのタイプがあり、最近は夜間撮影も映像をはっきりさせるために赤外LEDを内臓しているタイプも登場しています。この場合、定点となるので玄関などに設置すると有効でしょう。

より高性能なカメラになると撮影距離が長く、映像も鮮明になります。また広い範囲を撮影できるタイプ、カメラが首を振ったり自動的にズームしてくれるタイプ、さらにネット経由でカメラの遠隔操作が可能となっているタイプもあります。こうした高性能な監視カメラは定点を撮影する比較的安いタイプの監視カメラでは、防犯という意味をなさないと考えられる場所で利用すると効力を発揮します。

防犯的な事に利用するのではなく、野生動物の行動研究などに用いられているトレイルカメラというカメラがありますが、これも夜間対応となるので監視カメラとして利用できます。センサーが反応した時だけ撮影するもので、撮影時間も1分程度というものが多いので、どこに設置するかということが大きなポイントになります。電池式で録画装置が必要ないということで、賃貸にお住まいの方などにも手軽に利用できるという利点がありますが、通常の防犯目的に作られたカメラと比較すると撮影性能は落ちます。

防犯意識を高めて!監視カメラの設置を考えよう


世界から見ると日本は安全に暮らす事の出来る国といわれています。子供たちが「子供たちだけで」登校、下校ができるなんてすばらしいという意見も聞きます。海外では学校に通うお子さんの送り迎えが必須という国も多く、スクールバスに乗らなければならないとか、保護者が送迎することが規則となっている学校も非常に多いです。そのくらい犯罪が身近にあり、いつなんどき犯罪に巻き込まれるかわからないのです。教育機関も保護者も、子供たちを犯罪から守るためにこうした行動を取らざるをえません。

しかし日本も昔と比べたら犯罪が激増している状態です。田舎でも玄関にカギをかけずに外出しないようにと指導されていますし、都市部ではあちこちに防犯のため、監視カメラの設置がおこなわれています。以前はこうした監視カメラなどの設置がなかった場所、例えば公園や商店街の通りなどにも現在、設置が進められていますし、マンションや学校はもちろんのこと、その他、様々な施設に設置されています。

お子さんが進学や就職ということで都市部に引っ越し一人暮らしをするという時にも、保護者の皆さんとしてはやはり、防犯について強固な設備を持っているところを選択したいと考えますし、特に女の子をお持ちのご両親にとっては、それだけでは怖いということで、独自に防犯カメラを設置するなど考慮されています。

自宅の防犯ということを考えても、忍び込みや留守宅に窃盗犯が入り込まないように監視カメラ、センサーライトなどを使い、またセキュリティをより強固にするために警備会社と連動しているシステムを導入しているご家庭も多くなっています。防犯に利用できる監視カメラには様々なものがあり、その種類によってどこに設置すればより効果的なセキュリティとなるのか違いも出てきます。監視カメラの種類や設置する場所などをしっかり把握し、ご家族を犯罪から守る自己防衛をより高めましょう。

≪参照HP≫監視カメラの設置